“維廉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ヰルヘルム60.0%
ウィルヘルム40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引續きて維廉一世と佛得力三世との崩殂ありて、新帝の即位、ビスマルク侯の進退如何などの事に就ては、故らに詳かなる報告をなしき。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
幾多のナポレオン、維廉、シシルローヅをして勝手に其帝国を経営せしめよ。幾多のロスチャイルド、モルガンをして勝手に其を掻き集めしめよ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
胸張り肩えたる士官の、まだ維廉一世のに臨める窓にりたもう頃なりければ、さまざまの色に飾り成したる礼装をなしたる、少女巴里まねびのいしたる
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
平和を破ったものは果して誰であるか。独逸維廉帝であるか、仏蘭西那破列翁であるか。これには各々議論があるようであるが、まず公平なる歴史家は、どうも那破列翁らしいというている。
平和事業の将来 (新字新仮名) / 大隈重信(著)