“維廉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ヰルヘルム75.0%
ウィルヘルム25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“維廉”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 外交・国際問題5.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
引續きて維廉ヰルヘルム一世と佛得力フレデリツク三世との崩殂ほうそありて、新帝の即位、ビスマルク侯の進退如何などの事に就ては
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
引続きて維廉ヰルヘルム一世と仏得力フレデリツク三世との崩殂ほうそありて、新帝の即位、ビスマルク侯の進退如何いかんなどの事に就ては
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
独逸ドイツ維廉ウィルヘルム帝であるか、仏蘭西フランス那破列翁ナポレオンであるか。
平和事業の将来 (新字新仮名) / 大隈重信(著)