“維也納”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ウインナ66.7%
ウヰンナ16.7%
ウイン8.3%
ウィーン8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてくまどろんだと思ふ時分にの処に焼けるやうなさを覚えて目をました。私は維也納以来のの経験で直ぐ南京虫だといふことを知つた。
南京虫日記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
墺太利にモツアルトといふ音楽家があつた。ある日の事維也納市街をぶらついてゐると、変な姿をした乞食がひよつくり眼の前に現れた。
維也納ならば Messe のやうな大きな市を除き、それから Prater のやうな遊び場所を除けば、日曜に働くのは猶太族の仕業だぐらゐにおもふのであつた。
イーサル川 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それは維也納のある博士が、ある医師会の席場に試みた、終焉に関しての講演の筆記であった。
田舎医師の子 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)