田舎医師の子いなかいしのこ
六年振りに、庸介が自分の郷里へ帰って来たのは七月上旬のことであった。 その日は、その頃のそうした昨日、一昨日と同じように別にこれという事もない日であった。夜の八時頃、彼は、暗く闇に包まれた父の家へ到着した。 彼は意気地なくおどおどしていた。 …
作品に特徴的な語句
甘味いし 可憐いたいけ しゅ あせ うるわ さら みの わず ふく 可怪あや とうと 旅舎はたご 燈火あかし いた よろ おそろ はず はた はじ はてし 徐々しずしず しま 巡査まわり せりふ うら 先達せんだって さす おり うつろ りき おお 革鞄トランク こら 夕栄ゆうば かさな あなが なめ うるお おぼ ふる かか ほう 背丈せい はず つつ はな あや 赤楊はん いま へだた 不幸ふしあわせ ふん よい わたし はや わき 煌々きらきら くろ 馴染なじ 雲母うんも ゼロ つぶ 出発 しか 呆然ぼんやり 燈火あかり 独言ひとりご いと おだやか しぐさ 繃帯ほうたい 黙然もくねん 真蒼まっさお こけ 腫物はれもの ねむ 腕白わんぱく 石竹せきちく 硯箱すずりばこ 粗笨そほん から 終焉しゅうえん こも 紙捻こより 納屋なや とう たて