“粗笨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そほん97.1%
あら2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
粗笨な仕事と誰れの眼にも分っていながらも、これがこの節繍の域内を大手振って歩いているのは怖ろしいことだ、と歎かれるのである。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
彼ら党人の論調の粗笨乱暴であることは往年の憲政擁護運動時代における慷慨殺伐の口吻と比べて少しも進歩していないのに驚かれます。
選挙に対する婦人の希望 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
吾々みたいな粗笨っぽい頭では、どこに虚構が在るか見当が附かないんだ。そこで止むを得ず受太刀にまわって、南鮮沿海の漁民五十万の死活に関する所以を懇々と説明すると
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)