“紙捻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こより84.2%
かみよ5.3%
かんぜより5.3%
こよ5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不圖、旅人は面白い事を考出して、と口元に笑を含んだ。紙屑を袂から出して、紙捻を一本ふと、それで紙屑を犬の尾にへつけた。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
少年は父と姉とに連れられている。かれらは紙捻りでこしらえた太い鼻緒の草履をはいている。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
って見ると、九尺二間棟割長屋ゆえ、戸棚もなく、の方へ襤褸夜具を積み上げ、此方に建ってあります二枚折屏風は、破れて取れた蝶番の所を紙捻で結びてありますから
少年は父と姉とに連れられている。かれらは紙捻りでこしらえた太い鼻緒の草履をはいている。
島原の夢 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)