“紙芝居”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみしばい92.3%
しごと7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子供たちは、んである砂利ったり、にすわったりして、紙芝居のおじさんをいていました。
花の咲く前 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「人間が身体だけで空中へ飛び出すなんて、莫迦も休み休み言えよ。こっちはしいのだから、そんな面白い話は紙芝居のおじさんに話をしてやれよ」
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
紙芝居をすませて帰ってきますと、今里の青年会館の前に禁酒宣伝の演説会の立看板が立っていたので、どんなことを喋るのか、喋り方を見てやろうと思いながら、はいって聴きました。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)