“地維”の読み方と例文
読み方割合
ちい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地維かくるかと思はるゝ笑ひ聲のどよめき、中之町の通りは俄かに方角の替りしやうに思はれて、角町京町處々のはね橋より、さつさ押せ/\と猪牙がゝつた言葉に人波を分くる群もあり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき、中之町の通りはに方角の替りしやうに思はれて、角町京町処々のはね橋より、さつさ押せ押せと猪牙がかつた言葉に人波を分くる群もあり
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
天柱くだけ地維かくるかとはるゝのどよめき、中之町りは方角りしやうにはれて、角町京町處々のはねより、さつさせ/\と猪牙がゝつた言葉人波くるもあり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)