“ちい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チイ
語句割合
87.6%
4.8%
2.3%
地位1.1%
地維0.7%
短小0.7%
0.5%
0.5%
千世0.2%
千代0.2%
一寸0.2%
地衣0.2%
幼少0.2%
0.2%
絺帷0.2%
血衣0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庵主さんは、よそゆきの茶色のけさをて、のまえにつと、にもっているさいをちーんとたたいて、おみはじめた。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
嬢様、おまえさんはおさい時分でありましたから、顔も忘れてしまいましたが、今年で丁度十四年が前橋にくすぶっていた時
練吉はさい時頭の大きな首の細い子供であつたが、房一は彼をのまん中で追ひまはしたこともあるやうな気がする。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
ところがふしぎに、それが門番とか、受付とか、地位人々にかぎっていました。さもなければ、大衆食堂へならぶような人々であります。
兄の声 (新字新仮名) / 小川未明(著)
天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき、中之町の通りはに方角の替りしやうに思はれて、角町京町処々のはね橋より、さつさ押せ押せと猪牙がかつた言葉に人波を分くる群もあり
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あのやうに乞食はりしてし、龍華寺ほど立派檀家ありとらねど、さま三馴染銀行川樣兜町米樣もあり、議員短小さま根曳してさまにとせられしを
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「だから母親さんは厭ヨ、とばかりお酒に酔うとに親子の差合いもなくそんな事をお言いだものヲ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
もう少しさい、十一二歳でもあろうか、やっぱり弁信と同じことに頭を円めて、身に法衣をっているが、弁信と根本的に相違しているのは、あれはあれでも男僧の身でしたが、これは女の法体
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
千世ちゃん、今(箱さん。)を寄越すから、着換えないでいらっしゃいよ。姉さんを気をつけて。お孝さん
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
謝罪った、謝罪った。たって手前の方から願いましたものを。千世ちゃん、御免なさい、と云って、お前さんもおややまり。」と言憎いから先繰りにって置く。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
千代ちやん今日かへと二枚折屏風けてもとへ良之助だせし姿かしくきかへらんとつくもいたくせたり。
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
千代ちやん学校御朋友随分乱暴連中だなアとあきれて見送良之助より低頭くお千代赧然めり
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
は兵制は甲州流がいと云て法螺の貝をて藩中で調練をしたこともある。ソレも私は目前に見て居るばかりで、いとも悪いとも一寸とも云たことがない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
こびりつく地衣帯に至るまでの間は、登山路として最も興味あるもので、手ッ取り早くいえば、一番低いところから、日本で一番高いところへ、道中する興味である。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
往来の者が振返って見て、まアどうも玉子をいたような綺麗なお嬢だ、可愛らしいおだって誰でも誉めねえものはえくれえでげしたが、幼少せい時分からのお馴染ゆえ
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
兵馬は蒲団を引被ぎながら、格子の角に引かれる鑢のさな音を聞いていました。
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
南子は絺帷葛布の垂れぎぬ)の後に在って孔子を引見する。孔子の北面稽首の礼に対し、南子が再拝してえると、夫人の身に着けた環佩璆然として鳴ったとある。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
でおられるということだ」「血衣っておられるそうだ」「そうして時々経を読むそうだ」「そうして時々号泣するそうだ」「懴悔しているということだ」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)