“赧然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんぜん80.0%
はなじろ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梅子は思はず赧然としてぢぬ、彼女の良心は私語けり、て其の婦人の為めに心に嫉妬てふ経験をめしに非ずやと
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
忙裏荏苒今日に至り、いまだ一回もその結果を世間に報告せざりしをもって、四方より妖怪事実を寄送せられたる諸氏は、これを督責してやまず。余、実に赧然たらざるを得ず。
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
千代ちやん学校御朋友随分乱暴連中だなアとあきれて見送良之助より低頭くお千代赧然めり
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)