“赧々”の読み方と例文
読み方割合
あかあか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またも森林が途絶えて、前方遙かに砂丘が見え、熱帯の太陽が赧々と光の洪水を漲らせている何んとなく神々しい別天地が私達の前へ展開した。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)