“ちよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
千代61.9%
11.9%
千夜4.8%
4.8%
2.4%
2.4%
一寸2.4%
千世2.4%
2.4%
知世2.4%
2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おしいことをしたなあ」と、団長をはじめ、じいさんもお千代さんも、正坊も五郎も、馬の死がいをとりまいてなげきました。
正坊とクロ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「おのおさんが贈つて下すつたものをあなたは今召し上つたんですよ。」と、つと揶揄氣味で云つた。
母と子 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
千夜をもかくてあらましを
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
金澤和田尚軒氏郷土史談採録する、石川縣開化新開明治五年二月第六號記事
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そして、月々きまつてもらふお小ひをしづゝ郵便金にしめ、いつも母がくれるお中お歳の金も今までのやうに無駄には使はないことにした。
その金が二十円あまりになつた中學二年生の
説文には「从木雩声、読若華」、は「从木虖声」と云つてある。字典は樗のに集韻を引いて「又作㯉、丑居切」と云ひ、㯉の下には只「同樗」と云つてゐる。文字を知つた人の教を受けたい。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
斯ういふキビ/\した腕節の野郎に一寸いと口を掛けて見たいのだ…………
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
かやぶきの廊渡殿などはる/″\とにをかしうせさせ給へり。御前の山より滝おとされたる石のたゞずまひふかきみ山木に枝さしかはしたる庭の小松もげに/\千世をこめたるかすみのほらなり。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
それらは深田や水田や濕田で、水捌けがわるく、裏作は出來ないのだつた。ところが彼の郷里では排水設備だけは完備してゐた。それで田もそのほとんどが乾田だつた。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
酒田忠敬の二女の知世子が最後までねばりとおして、とうとう婚約してしまった。
予言 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
明治三十七戰爭るや、又一召集せられ、りて留守監督するとなれり。牧塲事業きしものにて、創業困難ふるに交通不便あり。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)