“ちつと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チツト
語句割合
39.1%
些少21.7%
一寸13.0%
少許4.3%
暫時4.3%
一刻4.3%
寸時4.3%
4.3%
4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代助は又結婚問題にると面倒だから、時にさん、があつてたんだが、とすぐ切り出して仕舞つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
『いえ。』と叔父は対手の言葉をつて、『全く是方不注意から起つた事なんで、貴方みる筋は些少もごはせん。』とそれを言へば、先方猶々痛み入る様子。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
平生参りたいツて言ふんで御座いますよ、けれども御存知下ださいます通り家の内外、忙しいもンですから、思ふばかりで一寸も出られないので御座いますから、嬢等にもネ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
『あれ、少許其様な話は聞きやせんでしたよ。そんならさんが出来やしたかいなあ——長いこと彼処の家の娘も独身で居りやしたつけ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
そこへ我輩が口を出すと、前妻の子ばかり可愛がつて進の方は少許つて呉れんなんて——直に邪推だ。だからもう我輩は何にも言はん。家内の為る通りに為せて、黙つて見て居るのさ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
るがよい己も其中後より行んと彼の兩人の着類を剥取惣内お里へ着替させ跡の始末は斯々と耳に口きつゝ暫時く立去れと指揮に點頭夫婦の者は先刻し九助の金の遣ひ殘りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
の隱れ頭巾の上に網代笠くも忍ぶ大門口相※に重五郎其所へ御座るは花魁かと言れて白妙回顧オヽ重さんか安さんはへ其安さんは鞠子へ行て待てゞ在ば暫時も早くと打連立彌勒町を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
みつゝ三次のへさし寄て今より何卒御一所におれて下されと云へば三次は默禮然程迄にも逢度ば今夜にも同道せんと聞てお安は飛立ひそれは/\有難し先樣でさへ夜分にても能事ば私しは一刻逢度と悦ぶ風情に長庵は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御駕籠訴か行ぬか天下の吟味はぬ迄も願つて見ん夫で行ねば是非もない大事と思ふなら己と一所に願ひ出よと聞てお節は飛立思ひ夫なら父樣寸時も早ふ御駕籠訴とやら云事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
高の知れたる蚯蚓膨に一日なりとも仕事を休んで職人共のに立てるか、も知るまいがの、此十兵衞はおろかしくて馬鹿と常〻云はるゝ身故に職人共が軽う見て
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
叱咜する度土石を飛ばして丑の刻より寅の刻、卯となり辰となるまでもも止まず励ましたつれば、数万眷属勇みをなし、水を渡るは波を蹴かへし、を走るは沙を蹴かへし
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)