“しばらく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
少時44.1%
暫時26.1%
5.3%
霎時4.8%
多日4.0%
須臾2.1%
多時1.9%
1.6%
頃刻1.3%
少焉1.1%
良久0.8%
久時0.5%
久濶0.5%
多年0.5%
小時0.5%
少時間0.5%
少選0.5%
少頃0.5%
少須0.5%
瞬時0.5%
一刻0.3%
久闊0.3%
寸時0.3%
数旬0.3%
有間0.3%
秒時0.3%
長時0.3%
頃之0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お母さんの責め立て方が追々厳しくなったので一寸気を抜く為めに、世態人情の探究にけて少時家を明ける魂胆としか受取れない。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
暫時經つと、お雪は小さい手でと老爺の禿頭を撫でて見た。ああ、毎晩、毎晩、水をつけてるのに、些ともまだ毛が生えてゐない。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
その時配った半歌仙には鳥居清満が鯉の表紙画をかき、香以がのつらねに擬した序を作った。その末段はこうである。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
彼は裏口から𢌞つて霎時お利代と話した。そして、石炭酸臭い一封の手紙を渡された、それは智惠子が鉛筆の走り書。——恁う書いてあつた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
多日、誰の処へも彼奴の影が見えねえで、洗桶から火の粉を吹き出さないもんですから、おやおや、どこへ潜ったろう、と初手のは不気味でね。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
明日霊銑の少年と湖辺に鼓噪すると須臾して波湧き激声雷のごとく、二牛せるを見るにその一しんで腹肋皆白し、霊銑後の蜃にてると水血に変じ
せて書斎に引籠り机に身をば投懸けてほつとく息太く長く、多時観念のを閉ぢしが、「さても見まじきものを見たり」と声をしてきける。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
やや鳴り通しに鳴っていた電話の鈴がはたとんだ時、二人は始めて奥の方から人の苦しみるような声のするのを聞きつけて、顔を見合せた。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
頃刻して夫帰り、午飯をした後、妻が夫を悦ばしょうと自室に入り見るに銀なし。どこへ持って行ったかと問うに夫は何の事か分らず、銀を取った覚えなしという。
彼は食事をりて湯浴し、少焉ありて九時を聞きけれど、かの客はだ帰らず。寝床にりて、程無く十時の鳴りけるにも、水声く楼をりて、松の嵐の枕上に落つる有るのみなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
良久ありて、梅子は目をしばたゝきつ、「剛さん、軽卒なことを仰しやつてはなりません、貴郎は篠田さんを誤解して居なさるから——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
連は中年の岩丈な船員風の男で、長い口髭をりながら、太い声で青年の言葉に合槌を打っていた。二人は以前余程親しい間柄で、久時別れていて、つい其日始めて出会ったらしかった。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
で、此時も真紅になって、一度国で逢った人だから、久濶といって例の通り倒さになると、先方は心持首を動かして、若し声に腰が有るなら、その腰と思うに力を入れて、「はい」という。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
姥 ああ、お最惜い。が、なりますまい。……もう多年御辛抱なさりますと、三十年、五十年とは申しますまい。今の世は仏の末法、澆季盟誓も約束も最早や忘れておりまする。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「さあ。小時考えさせて貰おう」
小問題大問題 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
少時間の沈黙の後で、復た捨吉は読みつづけた。彼は目上の人に対してと言うよりも、むしろ益のない自分の骨折に向って憤りと悲みとを寄せるような心で。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
鰻をんだ抽斎は、酒を飲むようになってから、しばしば鰻酒ということをした。茶碗に鰻の蒲焼を入れ、しのたれを注ぎ、熱酒えてって置き、少選してから飲むのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
彼はどこの女の宮ならざるをも忘れて、その七年の憂憤を、今夜の今にして始て少頃破除するのを得つ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
轆轤んで、ギイとふと、キリ/\とつばかり井戸繩擦合して、少須して、トンとかにく。
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其男は、火光の射した窓の前まで来ると、かに足を留めた。女の影がまた瞬時窓掛に映つた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
さて、しかるにその足跡たるや、一刻もやまない粉雪のために、薄くわれておりますが、これがきわめて大切な点で、ほかの無数の足跡と比べて蔽われ方が著しゅうござる。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
名を呼ばれるさえ嬉しいほど、久闊懸違っていたので、いそいそ懐かしそうに擦寄ったが、続いて云った酒井のは、く主税の胸を刺した。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水漂草の譬喩に異ならず、いよ/\心を励まして、遼遠なる巌のに独り居て人め思はず物おもはゞやと、数旬北山の庵に行ひすませし後、飄然と身を起し、加茂明神に御暇して仁安三年秋の初め
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「始は待合所の入口の所でと顔が見えたのじや。余り意外ぢやつたから、僕は思はず長椅子を起つと、もう見えなくなつた。それから有間して又偶然見ると、又見えたのじや」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
然いふ譯なら此事は秒時吾儕にお任せなさい彼近所へ夫とはなく病が有かるかを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
日出雄や、とは、から長時れるのだが、兼々ふやうに、れたとなつて——有爲海軍士官となつて、日本帝國干城となるれてはなりませんよ。
頃之ニシテ妙法院親王ノ召ニ応ジテ侍読トナル。王ソノ才ヲ愛シ寵賜年アリ。後親ノ病メルヲ以テ官ヲ辞シテ郷ニル。家産薄劣、加フルニ病患ヲ以テス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)