“いっとき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一時46.3%
一刻34.7%
一斉7.9%
一瞬5.0%
一晌4.5%
二時間0.4%
同時0.4%
壱時0.4%
寸時0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、他人の中でまれて来れば、人間も少しは強くなるに相違ない、腕もあがるに相違ない。一時は辛くとも当人の末の為になる。
心中浪華の春雨 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「——一刻ばかりが大事なところだ、おれも今すぐに出向くから、持場を離れずにめていてくれ。日ごろの稽古を試すのは今宵だぞ」
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(ハイ、これ、昔から言うことだ。二人一斉に産をしては、後か、か、いずれ一人、相孕怪我がござるで、分別のうてはなりませぬ、)
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まったく彼の影は、一瞬の間に細く見えた。——つくづく奉公人の器でない事を、今更、自分で知ってを噛むのだった。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さしたる荷物もないのであるが、それでも一晌ほどの暇を潰して、主人も家来もがっかりした。表では雨の音がはらはら聞えた。
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
二時間のことはさておいて半刻遅れても間に合わぬ!」島君はべたべたと坐ってしまった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「俺一人で走っても硫黄ヶ滝までは二時間はかかる」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「いや、ものに誘われて、何でも、これは、言合わせたように、前後甲乙、さっぱりと三人同時だ。」
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ、段々八太郎ガ不礼ノ段ヲビルカラ、大草ヘモ云ワズニ帰ッタ、オヨソ壱時バカリノコト、御座敷中ガ大騒動シタガ、イイキビダッタ
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
わたくしなどは修行真最中寸時もうかうかとんではりませぬ。