“いつこく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一刻41.2%
一国17.6%
一國17.6%
一克5.9%
一剋5.9%
一石5.9%
頑固5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うなると、一刻としてられぬのは武村兵曹である。腕拱いて、一心鐵檻車運轉めてつたが、大聲
いやが上にも陰性になつて仲間から敬遠されることも意に介せず、それは決して嘗ての如き虚栄一点張の努力でなく周囲を顧みる余裕のない一国自恃緘黙とであつた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
くて幸豐君げて、一國老職となさむとはれけるが、もとより亂世にあらざれば、取立ててこれぞといふきものを、みだりにゐむは、偏頗あるやうにて後暗
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
昔気質一克な性分ではあるし、むろん一人娘と知吉との間を許す気はなかつた。ところが、ふしぎなことが起つた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
彼は一剋に背水の陣を敷いての上で故郷に鬪ひを挑むからと其場限りの僞りの策略で言葉巧みに彼女を籠絡した。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
翌る日平次は一石橋の後藤縫殿助の手代を訪ねて、五年前の田島屋の始末を訊ねました。
他所者といふが第一、加之頑固で、片意地で、お世辞一つ言はぬなもんだから、兎角村人にみが薄い。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)