“一國”の読み方と例文
新字:一国
読み方割合
いつこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以上のわけで一國全部青々としてゐるはそのんになるのですが、反對に、いくら、必要だからとつて、やたらに樹木るばかりで、しつくしてしまへば
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
くて幸豐君げて、一國老職となさむとはれけるが、もとより亂世にあらざれば、取立ててこれぞといふきものを、みだりにゐむは、偏頗あるやうにて後暗
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けれども一國な我儘者の圭一郎にいて嘸々氣苦勞の多いことであらうとの慰めの言葉を一言千登世宛に書き送つて貰ひたいといふことだけはいつものやうにく、二伸としてまで書き加へた。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)