“一克”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっこく80.0%
いつこく20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「仕方がない。——いっそ何もかも知って置いて貰った方がいゝのかも知れない、——わたしの恥かしいことも一克なことも——」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「いいや、こんなことに年寄りの出るところやおへん」と一克そうに、わざと仰山頭振りをふったかと思うと
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
昔気質一克な性分ではあるし、むろん一人娘と知吉との間を許す気はなかつた。ところが、ふしぎなことが起つた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)