一克いっこく)” の例文
「仕方がない。——いっそ何もかも知って置いて貰った方がいゝのかも知れない、——わたしの恥かしいことも一克なことも——」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「いいや、こんなことに年寄りの出るところやおへん」と一克そうに、わざと仰山頭振りをふったかと思うと
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
それはお前の一克というものだ。そんなに擯斥したものではない。何と言っても書記官にもなっている人だ。お前も少しはを折って交際って見るがいい。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
現実的の精力を取籠められて行く人にありがちな、何となく世間に対しては臆病でありら、自己の好みに対しては一克癇癖のようなものを持っていた。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)