書記官しょきかん
笆に媚ぶる野萩の下露もはや秋の色なり。人々は争うて帰りを急ぎぬ。小松の温泉に景勝の第一を占めて、さしも賑わい合えりし梅屋の上も下も、尾越しに通う鹿笛の音に哀れを誘われて、廊下を行き交う足音もやや淋しくなりぬ。車のあとより車の多くは旅鞄と客と …
作品に特徴的な語句
父様とッさま 風采ものごし おか とこしな なんに 仰向あおの かたえ ゆう 楓樹もみじ 燦爛きらびや いだ 親父ちち 疲労くたび しつ おく 強請せが はる なぶ こうべ とど くゆ ばなし こわ 淡紅うすくれない 上手かみて 上葉うわば かたじけ 応対あしろ おか ひね ひと かたぶ すぐ 入来じゅらい 冷々れいれい 隔意へだて けぶり 安価やすね 紹介ひきあわ 親戚みうち わし なめ さえ のぞ やっこ 悄然しょんぼり こわ 欄干てすり しょう 岡焼おかや はかりごと とびら とよ はず 結交つきあ きら こび はた おんな たえ えん 下萌したも 真実ほんと 二側ふたかわ 瓦葺かわらぶ 猶予ためら 佇立たたず まなこ 先例しきたり 晴々せいせい 父親てておや つら 相対あいむか あざ つら あざ