“頭振”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぶ66.7%
かぶり22.2%
とうぶり11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
婆さんは一人で、きかぬ気らしく頭振りを振りながら言い続けるのである。私は、揉手をせんばかりに、はいはいして
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「いえ。」と、軽く頭振って、口を圧されたような疲れた声を出して、「極りが悪いから……」と潰したように言い足した。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
このヒレ肉は三十人前に牛一頭振即ち七ほどを用いてあります。ヒレ肉は左右に二本あって一本が大概三斤半位です。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)