“かぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カブ
語句割合
56.1%
31.0%
3.0%
2.8%
1.1%
下部0.7%
0.6%
歌舞0.6%
頭振0.6%
蕪菁0.5%
感化0.5%
0.5%
感染0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
閉場0.2%
0.1%
0.1%
同化0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
氣觸0.1%
0.1%
薫陶0.1%
被假面0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちとやそっとの、ぶんぶんなら、夜具の襟をっても、成るべくは、蛍、萱草、行抜けに見たい了簡。それには持って来いの診察室。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此方焚火どころでい。らしてむのに、いや、土龍のやうだの、井戸掘手間だの、種々批評からせられる。
恐ろしい半之丞の明察、——平次はおを奪はれて暫らく默つてしまひました。が、やがて、心を落着けると、平次の日頃の叡智へります。
千両、大福帳、、隠れ、隠れ、おかめのなどの宝尽くしが張子紙で出来て、それをいろいろな絵具で塗り附ける。
私は帽子を眼深につて、バツトを抱いて家を出ました。私の姿を見出した友達は「よく来て呉れた。」と云つて私の手を取つて喜びました。
初夏 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
下部貝塚が、普通ので、其上彌生式貝塚なつてるとか、たしかそんなであつた。雜誌手元いのでしくはされぬ。
この謀ずっと古くよりあったは『左伝』に城濮の戦に晋の胥臣虎皮を馬にせて敵の軍馬を驚かし大勝したとある。
苦心の結果、誠にいかにも古代支那式な苦肉の策が採られた。すなわち、斉から魯へるに、歌舞に長じた美女の一団をもってしたのである。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
小平太は苦しそうに、ただ「いいや」とばかり頭振りをってみせた。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
朝の副食物が味噌汁へ小さき蕪菁の実三個を入れたるものと煮豆が小皿一杯、昼食が小さき八つ頭芋一個と蓮根が長さ三寸ほど、慈姑が六個の煮たるもの
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
なさるのは、と思ひますわ。でも貴君迄が、それに感化れると云ふことはないぢやありませんか。縁起などと、云ふ言葉は、現代人の辞書にはない字ですわね。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
蓊欝と木がさつてるのと、桶の口を溢れる水銀の雫の樣な水が、其處らの青苔や圓い石を濡らしてるのとで、如何な日盛りでも冷い風が立つて居る。智惠子は不※渇を覺えた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
まあ私は罐詰という形ね。岩谷もあの時分は何か少し感染れていたようだわ。お前さえその気なら、話は後でつけてやるから、松の家へるなというのよ。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
義残後覚』七、太郎次てふ大力の男が鬼面をり、鳥羽の作り道で行客を脅かし追剥するを、松重岩之丞がわす条、『石田軍記』三
小舎は山の上にあった。幾年か雨風に打たれたので、壁板には穴が明き、窓は壊れて、赤い壁の地膚がわれて、家根は灰色に板が朽ちて処々せて、その上に石が載せられてあった。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
『否、僕は昼寝なんかしない。高畑へ行つて号令演習をやつて来て、今水をつたところです。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
照子が家を出る時に、私も芝居へ行く体を装つて一緒に外へ出る、私の心情を哀むで照子は私を×子の処へ遣る、さうして私と照子は芝居が閉場つてから途中で待合せて家へまた一緒に戻る……。
愚かな朝の話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
遠くで面ア見てえて、仙台川岸の侍だったら、大きな声で其奴だアーと呶鳴れ、そうしたら己がり附くから、重さん、しッかりしなくッちゃアいけねえぜ
あの侍だと教えてくれゝば、己はりついても差してる刀をふんだくるつもりだ、もしえのをこ抜きやアがれば、自身番へ引摺ってく、また頭巾を冠ってやアがれば、此方から突当って
三二 汝が泣かさまく三三
あれあれあの揺るるを見よ、までがのっそりに同化れて寛怠過ぎた了見じゃ、是非はない、も一度行って上人様のお言葉じゃと欺誑り、文句いわせず連れて来い、と円道に烈しく叱られ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そこで僕も土俵際で落第したもんだと諦めて、その晩は久し振りに酒をってグッスリ寝込んでいるうちに、いつの間にか夜が明けたらしい。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と口惜しいから松五郎にり附きに掛ると、松五郎は少しく柔術の手を心得て居りますから、茂之助の胸倉をえて押してきますと、の辺には所々に沼のような溜り水が有ります。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
零砕の事実を手繰り寄せれば寄せるほど、種が無尽蔵にあるように見えた時、またその無尽蔵にある種の各自のうちには必ず帽子をらない男の姿が織り込まれているという事を発見した時
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
或友人があつて、僕の詩に段々神秘的趣味が加はつて表象的になるのを見て、メーテルリンクに氣觸れて來たと云つた。
神秘的半獣主義 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
それから上陸して境駅の入際からすぐ横へ切れると、森の中の小径へかかッた,両側にはなどのが行列を作ッて生えているが、上から枝がさッていて下に木下闇が出来ている
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
いけ年をてもとかく人真似められぬもの、てや小供というにもお勢は根生軽躁者なれば尚更倐忽その娘に薫陶れて、起居挙動から物の言いざままでそれに似せ、急に三味線擲却して
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
カピ長 被言る! まさかに然程ではない、まさかに。リューセンシオーの婚禮以來ぢゃによって、すぐにペンテコスト(祭日)がたとして、二十五、あの被假面ったのぢゃ。
立退うと云ふを夫三五郎が止めて烟草入を證據に富右衞門にせる上は立退に及ばぬ急に立去ば却つて疑惑ると云れてお前は氣が付身躰たでは無か其時に三十兩と云ふ金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)