“欺誑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たばか66.7%
ぎきょう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“欺誑”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きさままでがのっそりに同化かぶれて寛怠過ぎた了見じゃ、是非はない、も一度行って上人様のお言葉じゃと欺誑たばかり、文句いわせず連れて来い、と円道に烈しく叱られ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さても其場に臨むでの智慧の無い奴め、何故其時に上人様が十兵衞来いとの仰せぢやとは云はぬ、あれ/\彼揺るゝ態を見よ、きさままでがのつそりに同化かぶれて寛怠過ぎた了見ぢや、是非は無い、も一度行つて上人様の御言葉ぢやと欺誑たばか
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
——という欺誑ぎきょう譎詐きっさに満ちた休戦状でありまたまことに虫のいい盟約の申し込みでもあった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)