“おほ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オホ
語句割合
22.8%
18.3%
14.3%
10.5%
7.5%
5.8%
4.8%
4.4%
1.7%
1.4%
1.0%
1.0%
1.0%
0.5%
0.5%
0.3%
御褒0.3%
御賞0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
宣言0.2%
御掘0.2%
意富0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市街中程きな市場がある、兒童其處へ出かけて、山のやうに貨物であるにふんぞりつて人々立騒ぐのをて居る。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
も、負けてもはおごつてく方がかつたがどういふのかこの師弟勝負はとかくだれちで、仕舞ひには憂鬱になつて
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
吃驚して、つて、すつとくと、かれた友染は、のまゝ、仰向けに、さをるやうに、がつくりとた。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さつてる山羊のやうで、佛頂面くはないがせて節塊立つて、何處にかう一ありさうな
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
續いて、もう一と打、二た打、すさまじい稻光りが走ると、はためく大雷鳴、耳をふ間もなく篠突くやうな大夕立になりました。
相談して居る中大岡殿は十郎建部郷右衞門の兩人より委細の事故聞糺され吟味の當日まで主税之助閉門せ付られしに主税之助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
小雨を降らせて通り過ぎる真黒な雲のぱつくりと開けたきな口のファンタスティックな裂目から、月は彼等を冷え冷えと照して居た。
たゞその大部分がその上に積った洪積の赤砂利や壚※、それから沖積の砂や粘土や何かにはれて見えないだけのはなしでした。
イギリス海岸 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「カツプチノ」僧は蝋燭に火をうつして挽歌をうたひ始めたり。マリウチアは我をきて柩のに隨へり。斜日はざる棺を射て、母上のおん顏は生けるが如く見えぬ。
ひよつとしたら、仕事したなんて人は、自分の虫をいつくしみせた所から出発したのかもしれない。
私の事 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
この男はいかにもきな荒々しい樣子をしてゐるので、それがたしかに彼女をおぢけさせた。
浮世めて、十五がほどの足掻きかたとては、には赤鬼仇名せられて、五十にらぬ生涯のほどを死灰のやうにりたる、それが餘波幾万金玉村恭助ぬしは
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ければ則ち疏すべく、路を受くれば則ち戦ふ勿れ。地を択んで而して侵し、碍無ければ則ち進む。此皆棋家の幽微、知らざる可からざる也。
囲碁雑考 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
其の事無くして而して強ひて行かんよりは、之に因りて而して自から補はんに若かず。彼くして我寡くば、先づ其生を謀り、我衆くして彼寡くば、努めて其勢を張る。
囲碁雑考 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
めてで、よりも秩序ふことを大切つてゐて、自分職務せるには、でも其鐵拳て、相手だらうが、だらうが、だらうが
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ならばかもかもせむを畏みと振りたき袖を忍びてあるも
枕物狂 (新字旧仮名) / 川田順(著)
「これはこれは過分なる御褒めの言葉で恐れ入ります。本員といたしましては……」
数々の下されもの、身に余る御賞めの言葉、その上祝い酒まで下されて、六郷左京上々の首尾で帰りましたが
三世十方恒河沙数の諸仏菩薩に妄執煩悩無きものやある、妄執煩悩無きものやある、何ぞ瞿曇舌長なる四十余年の託言繰言、我尊しの冗語漫語、我をばすに足らんや、恨みは恨み、は讐
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
るや、き水、ぶけぬ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
かれ曙立の王にせて、うけひ白さしむらく一〇、「この大神を拜むによりて、あらば、このの池一一の樹に住める鷺を、うけひ落ちよ」
かれ人民富めりとおもほして、今はと課役せたまひき。ここを以ちて、百姓榮えて役使に苦まざりき。かれその御世を稱へて聖帝の御世一一とまをす。
申立しにより段々吟味の上終に甚兵衞はせず因て元惣内と申せし事より其外人殺し等の事まで明細白状に及びしとぞ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
引居候に付此御訴へ申上候により召捕られ御領主御役人樣御吟味の處九助儀包みせず白状に及び申候然る所今に又々召出され御吟味を蒙り候何卒御慈悲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もののならぬ大役せつけされこと、一世面目へども、暗愚斗筲何事をか仕出だしべき
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
なる何某づるにもでられず、せにかば御咎めあらむと、まじ/\として煙草へば、幼君左右ひ、「こそ申置たる二人前料理れ」とぜらる。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
にただ、に泣きりぬ。
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
にただむ。
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
にただ、に泣きりぬ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
にただむ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
まだ與吉らなかつた。卯平つて五銅貨げた。一人老人がそれをはうとしてせると與吉兩方てそれからうた。はそれをんで
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
目をふといふことから出て居るので、希臘の古代に神秘、乃ちミステーリオン(Μυστηριον)と云へば、宗教の儀式で——たとへば、エレウシスに祭つてあつた※物の母神
神秘的半獣主義 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
花の品甚だきにや、享保の頃の人の数へ挙げたるのみにても六十八種あり。これもまた好み愛づる人の多くなれば、花の品の多くなり行くこと、牡丹などの如くなるものならん。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
和銅五年正月二十八日正五位の上勳五等 朝臣安萬侶
たッた一をでも宣言せられたならば、小生滿足いたす。嗚呼」とだけばっしゃい、たッた一言とか、とか宣言せられい。
其所つてもいですか』と遠慮勝うてると、令息ひながら『何處でもしい、つた御掘りなさい』とはれる。
意富の臣小子部の連、坂合部の連、火の君、大分の君、阿蘇の君、筑紫の三家の連、雀部の臣、雀部の造、小長谷の造、都祁の直、伊余の國の造、科野の國の造、道の奧の石城の國の造
夏の暁、潮風涼しく、松の林の下道るる露のきとき、三々また五々、老幼を問はず、男女を択ばず、町に住める人々の争て、浜辺に下りゆくを見る。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
我が薄井の家は土地に聞えし名家にて、身は一つぶもの成りしも、不幸は父母はやくせて、他家に嫁ぎし伯母の是れも良人を失なひたるが、立帰りて我をばしたて給ひにき
雪の日 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
何時もいつも、梵音に深くして、どかなるは
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
何時もいつも、梵音に深くして、どかなるは
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
曲がり角曲がり角に金網でうた、巨大な燭台が置いてあって、その光が遠くまで届くからであった。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)