氷島の漁夫ひょうとうのぎょふ01 氷島の漁夫01 ひょうとうのぎょふ
恐ろしく肩幅の廣い五人の男が、鹹氣と海との臭ひのする或る薄暗い家のやうななかで、肱を突いて酒を飮んでゐた。彼等の身長にはひくすぎるその棲家は、一方の端へ末細りして、丁度大きな海鴎の空虚な腹のやうであつた。それは緩い、眠氣を催させる、單調なな …
作品に特徴的な語句
あぶ レ・タン 火酒ブランデー ひね しげみ かう おほ 胴衣コルザージュ しづく 船橋ブリッヂ 冠毛ポンポン 二通ふたとほり 赦免パルドン 胴衣コルサージュ ちゞ ほの かた 頭布コワツフ 襯衣シヤツ 情婦をんな 勤務セルヴィス しづ 恍惚うつとり もり 石蒜まんじゆしやげ 青銅ブロンズ 皮膚かは 頭飾コワツフ ひきつ うつろ 鍍金メッキ フラン 阿母おふくろ とま 迷景ミラージュ つい おとな 二重ふたへ 砲塔バットリー マスト 棺衣かけぎぬ 動波どよみ 船燈ファナル しん 緊金とめがね 整然きちん 手巾ハンカチ 頭被コワツフ 孩兒あかんぼ 齦肉はぐき 荵冬すいかづら 茫乎ぼんやり 覆衣ヴェール 衣兜かくし 動波うねり 蓋板おほひ 身體からだ 迫持せりもち 道標みちしるべ 郷里くに 鐵輪かなわ 雲雀ひばり 面衣ヴェール ふいご 飾紐リボン 上袖マンシュ 體躯からだ 黄楊つげ 山櫨さんざし 油衣シラアジュ 峽江フィヨルド 帷布カーテン 息子むすこ 手段てだて 拐杖かせづゑ 支架かせ 日暈かさ ひと 柔皮かは 孖子ふたご 殮衣きやうかたびら 氷島イスランド 胴衣チョッキ 海豚いるか 圓蓋まるやね 漁期れふき 呼笛よびこ テーブル ひく 突桁みよし たが 簇葉むらは 粥椀エキュエル 綿紗モスリン 美味うま 肉體からだ
題名が同じ作品