“迫持”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せりもち90.0%
アアチ5.0%
アーチ5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“迫持”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
文学 > フランス文学 > 小説 物語15.4%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学14.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
石の迫持せりもちの下なる長き廊道わたどのみちには、書肆しよしあり珠玉店あり繪畫鋪あれども、足を其前に留むるもの多からず。
空想に富む若い建築家の手に成ったもので、幅が広く迫持せりもちが低く、奇怪な装飾があり、機智と様式にみちている。
神の剣 (新字新仮名) / パウル・トーマス・マン(著)
召使ひたちがび込まれて、食堂の卓子テエブルが運び去られ、ともし火もいつもと違つた風に置かれ、迫持アアチに向つて椅子いすが半圓形に置かれた。
彼女は、窓に相當する廣い迫持アーチの方を指さした。