“迫持”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せりもち90.9%
アアチ4.5%
アーチ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
溝渠廃址の赤黒い迫持の下には白巴旦杏が咲いていた。よみがえったローマ平野の中には、草の波と揚々たる罌粟の炎とがうねっていた。
召使ひたちがび込まれて、食堂の卓子が運び去られ、ともし火もいつもと違つた風に置かれ、迫持に向つて椅子が半圓形に置かれた。
彼女は、窓に相當する廣い迫持の方を指さした。今はしぼつてあつたけれど、やはり窓にするやうにテイリアンいろの窓掛が垂れてゐた。