“仏法”のいろいろな読み方と例文
旧字:佛法
読み方割合
ぶっぽう50.0%
ぶつほふ25.0%
ぶつぽう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏法のほうでも国家のため、または少なくとも一つの郷土のために、祈願をするのがふるい教えであったのだが、中古以来そのほうはすたれてしまって
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
幽霊といふものにはきゝつるが見しははじめて也、袖振合すも他生とこそいふなれ、いたづらに見すぐさんも本意なし、今夜こそ仏法のありがたさも身にしみつれば
す。武帝達磨大師に問ふ。如何仏法云ふ。水中の河馬
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)