“附仏法”の読み方と例文
読み方割合
ふぶっぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一念往生の義は京中にもはやっているが、言語道断のことで、まことに問答にも及ばないものだ」といいながらよく事理を細かに尽し、「そかくのごとき人は、附仏法外道なり。 ...
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)