“仏法領”の読み方と例文
読み方割合
ぶっぽうりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廊下に落ちている一枚の紙も、もったいないと感ずる人には、仏法領のものとして、はじめてりっぱにその経済価値が認められるのです。で、問題は、つまり物に対する心構えです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
仏法領の物をあだにするかやと仰せられ、両の御手にて御いただき候としかじか、総じて紙の切れなんどのようなる物をも、仏物とおぼしめし御用い候えばあだに御沙汰なく候うの由
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)