貧乏物語びんぼうものがたり
序 この物語は、最初余が、大正五年九月十一日より同年十二月二十六日にわたり、断続して大阪朝日新聞に載せてもらったそのままのものである。今これを一冊子にまとめて公にせんとするに当たり、余は幾度かこれが訂正増補を企てたれども、筆を入るれば入るる …
作品に特徴的な語句
すみや あら たっとき かえり 嬰児みずご つこ ゆか かん なお たも かた うま 寺院アベー 燧石プリント 霊魂スピリット ごと すで しも げん たたかい きょう とこしえ 出合いであい ねぶ とう りん へつろ 秤量ひょうりょう ただ 何物エブリー・シング ととの 肉体ボディ とど やや はじ 居眠いねぶ つい たす 襤褸らんる 当然とうぜん くびす ちな がね そう つむ けん 一掴いっかく もく 生死しょうじ くう 滴水てきすい そうら とど せな 犬歯いぬば 家主やぬし 寛博かんぱく いい 寺内てらうち しき まなこ こん かぎ やしな おそ なま 峻坂しゅんぱん はか 知能ちのう すで けだもの てい 種子しゅし えき いやし かつ のち 浴槽よくそう あした あたた 手足しゅそく 渋沢しぶさわ 荘厳しょうごん 細心ほそこころ 沙汰ざた