“仏法僧鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶつぽふそう66.7%
ぶっぽうそうちょう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夜、奥の院に仏法僧鳥くのを聴きに行つた。夕食を済まし、小さい提灯を借りて今日の午後に往反したところを辿つて行つた。
仏法僧鳥 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
仏法僧鳥を聞かうともせず、宝物も見ず、大門の砂のところからのびあがつて、奥深い幾重の山のか向うに淡路島ふのも見ようともせず、あの大名の墓石のごたごたした処を通り
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
その夜、奥の院に仏法僧鳥の啼くのを聴きに行った。夕食を済まし、小さい提灯を借りて今日の午後に往反したところを辿って行った。
仏法僧鳥 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)