“仇名”の読み方と例文
読み方割合
あだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃、彼は初めて白洲に引きすえられていた盗賊の木鼠長吉を見たのである。彼は、仲間で木鼠ともむささびとも仇名をとっていた。
奉行と人相学 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「あら、いいじゃないの」と女が云った、「さぶちゃんに栄ちゃんね、あたしおかめ——仇名じゃなくって本名なのよ、どうぞよろしく」
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
熊谷なんぞに云わせると、まるでみんなが慰み物にしているんで、とても口に出来ないようなヒドイ仇名さえ附いているんです。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)