“あだな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
綽名60.8%
渾名24.5%
仇名7.3%
諢名4.5%
綽号1.8%
綽號0.7%
異名0.2%
綺名0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また白花蛇楊春は、蒲州解良の人、大桿刀の達人だった。腰は細く、は長く、綽名のごとき妖蛇の感じのする白面青気の男である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平の好風に子が三人ある、丁度その次男に生まれたから、平中渾名を呼ばれたと云ふ、わたしの Don Juan の似顔である。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「あら、いいじゃないの」と女が云った、「さぶちゃんに栄ちゃんね、あたしおかめ——仇名じゃなくって本名なのよ、どうぞよろしく」
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
壁代のやうな焔を後にして、娘の肩につてゐるのは、堀河の御邸に繋いであつた、あの良秀と諢名のある、猿だつたのでございますから。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
兼吉は綽号を鳥羽絵小僧と云った。想うに鳥羽屋の小僧で、容貌が奇怪であったからの名であろう。即ち後の仮名垣魯文である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
見事圖星射中てたといふ弓取りのキューピッドにとか綽號でもけさっしゃい。
オホヽヽヽ養母さん、逆上つては取消にして、下ださい、外聞が悪いから——それや、狸々花吉と異名取る程、酒をみますよ、俳優買では毎々新聞屋の御厄介にもなりますよ、養母さん
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
生来頭脳はそんなに悪いとは思いませんけれど、って挙動が鈍く手先が不器用ですから、小学校時代には「のろま」中学校時代には「愚図」という月並な綺名を貰いました。
痴人の復讐 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)