好色こうしょく
平中といふ色ごのみにて、宮仕人はさらなり、人の女など忍びて見 ぬはなかりけり。 宇治拾遺物語 何でかこの人に不会では止まむと思ひ迷ける程に、平中病付にけり。 然て悩ける程に死にけり。 今昔物語 色を好 …
作品に特徴的な語句
衣桁いかう 臙脂えんじ どぢやう 抑々そもそも 丁子ちやうじ 真顔まがほ 水干すゐかん 蜃気楼しんきろう 御寺みてら 摂津せつつ 篳篥ひちりき 沈吟ちんぎん 誦経ずきやう 薄葉うすえふ 一心いつしん 半時はんとき 小面こづら 胸算用むなさんよう 傀儡くぐつ なやみ 向後かうご 小止をや 匇々そうそう うちぎ 根負こんま 淫奔いんぽん 消息せうそこ 泰平たいへい 鎧武者よろひむしや 大臣おとど 長雨ながあめ 御社みやしろ 簇々そうそう 牛車ぎつしや 三抱みかか 病付やみつき はこ 巫山ふざん 来迎らいがう 艶書えんしよ 侍従じじゆう 金仏かなぼとけ 色好いろごの 末法まつぽふ 雨竜あまりよう 惝怳しやうけい 局々つぼねつぼね 香染かうぞめ 信心気しんじんき 大殿油おほとのあぶら 尊者そんじや 汗衫かざみ 好色かうしよく 平中へいちゆう 神女しんによ 御屋形おんやかた 画巻ゑまき 不会あは 仏倒ほとけだふ 檜肌葺ひはだぶき 稲荷詣いなりまう 豊楽院ぶらくゐん