好色こうしょく
平中といふ色ごのみにて、宮仕人はさらなり、人の女など忍びて見 ぬはなかりけり。 宇治拾遺物語 何でかこの人に不会では止まむと思ひ迷ける程に、平中病付にけり。 然て悩ける程に死にけり。 今昔物語 色を好むといふは、かやうのふるまひなり。 十訓 …
作品に特徴的な語句
しかうし いか たちま がさ 消息せうそこ 牛車ぎつしや さが ぬく ゑが しも かは はづ 清水きよみづ たひら はふ あかる 水際みづぎは ぢん わらは なまめ 艶書えんしよ とほ あが すさ うづ あめ むすめ かたじけ 悪戯いたづら 来迎らいがう しに ほとんど こが まり 誦経ずきやう きは 香染かうぞめ どぢやう 一切いつさい 丁子ちやうじ 三抱みかか 仏倒ほとけだふ 侍従じじゆう 傀儡くぐつ きずつ 几帳きちやう 向後かうご ひん うはさ 好色かうしよく 尊者そんじや 小止をや 平中へいちゆう ひさし ゆか なやみ 摂津せつつ じに 水干すゐかん 泥濘でいねい 病付やみつき 真顔まがほ ほだ 華奢きやしや 蒔絵まきゑ 薄葉うすえふ 衣桁いかう 金仏かなぼとけ しきゐ 雨竜あまりよう うなづ 髣髴はうふつ 一心いつしん 上顋うはあご した 不会あは うち 人倫じんりん 人気ひとけ 何処どこ 何時いつ 側立そばだ まま 兎角とかく 其処そこ 初午はつうま 刹那せつな 功徳くどく 匇々そうそう 半時はんとき 口説くど うめ 噛殺かみころ ささや