細木香以さいきこうい
細木香以は津藤である。摂津国屋藤次郎である。わたくしが始めて津藤の名を聞いたのは、香以の事には関していなかった。香以の父竜池の事に関していた。摂津国屋藤次郎の称は二代続いているのである。 わたくしは少年の時、貸本屋の本を耽読した。貸本屋が笈 …
作品に特徴的な語句
まう たず せり さいわい まじわり おっし となえ めあわ たずね かわり けい さが もうで そむ しょう すくい こしらえ おなじく かの よみ いとけな ここ かかえ 禿かぶろ うずだか こだわ とも はな 突出つきだし ここ こうむ 角町すみまち いくば かく つい 納所なつしょ 大刀たち さしはさ まじ だね 乞丐こつがい あらわ かさ いお むすめ ほまれ もっとも 素襖すあを かご つかわ さかん つまびらか 乙卯おつぼう おく 贋物がんぶつ おくりもの おも くるし いくばく ちな まばら こと 竹内ちくない ひそか ほがらか つとめ 背負しよ 悪摺あくずり そろい 情知なさけしり いささか うるお しばらく 文使ふみづかい しっ あらた つね はた 知人しるひと 衝当つきあたり こぼ つか 纏頭はな 小字おさなな 交肴まぜざかな 鳶頭とびがしら あやまり