“仇花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あだばな85.7%
あだはな14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
怠って、荊園仇花に、心を奪われたりなどして、思えば面目ない。しかもその天罰を父に代って子がうけるとは。——ああ、ゆるせよ曹昂
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
辛辣叱咜です。仕方がないと言うように手を添えた女達を促して、退屈男が瀕死の弥太一を運ばせていったところは、一瞬前、遊女達の美しい仇花が咲いた二階のあの大広間でした。
百姓だけに仇花つて捨てるものと思ひ込んだ親爺は、とうと成斎をからり出す事に決めた。