“仇家”の読み方と例文
読み方割合
きゅうか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
林町に家を借りて、堀部安兵衛どのそのほかの方々と同宿しているのも、じつを言えば仇家の動静をうためにほかならない。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
彼は、素直に伝右衛門の意をむかえて、当時内蔵助が仇家細作を欺くために、法衣をまとって升屋夕霧のもとへ通いつめた話を、事明細に話して聞かせた。
或日の大石内蔵助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
太祖が孝孺を愛重せしは、前後召見のて、たま/\仇家せられて孝孺の闕下械送せられし時、太祖を記し居たまいてされしことあるに徴しても明らかなり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)