“あだばな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仇花55.6%
空花22.2%
仇色11.1%
徒花11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はて、見ていれば綺麗なものを、仇花あだばななりとも美しく咲かしておけばい事よ。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はて、見て居れば綺麗なものを、仇花あだばななりとも美しく咲かして置けばい事よ。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
みな今年のは空花あだばなであつたらしい。
樹木とその葉:11 夏の寂寥 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
昨日まであたしたちが考えていたことは、いちご空花あだばなか子供の夢のようなもので、練習機の一機や二機、木更津から飛びあがったって、一万メートル圏内へ入らないうちに袋叩きになって蹴りだされてしまったことだろう。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
颯爽としながら上がって行くと、戸惑ってまごまごしている仲居の女共を尻目にかけながら、珠数屋の一座が女と酒と嬌声に仇色あだばなを咲かしている奥広間の隣室へ構わず這入って行って、悠々と陣取りました。
このような公共建築の空地に生えた木らしくいつも徒花あだばなばかり散らしていた。
一本の花 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)