“仇色”の読み方と例文
読み方割合
あだばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
珠数屋の一座が女と酒と嬌声に仇色を咲かしている奥広間の隣室へ構わず這入って行って、悠々と陣取りました。