“徒花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あだばな50.0%
むだばな50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“徒花”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このような公共建築の空地に生えた木らしくいつも徒花あだばなばかり散らしていた。
一本の花 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「安南帝国皇帝竜王の殺人」という世界的スクープを夢み、艱難辛苦をして此処にネバっていたが、それもはや徒花むだばな、鶴子を殺した犯人はどうやら皇帝以外の何者かであるらしい。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)