“高畑”の読み方と例文
読み方割合
たかばたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてく奈良の杉と雑木濃緑の一色で塗りつめられたる単調の下に、銀色のすすきが日に日に高く高畑の社家町の跡を埋めて行く。
『否、僕は昼寝なんかしない。高畑へ行つて号令演習をやつて来て、今水をつたところです。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ゆうがた、浅茅のあたりだの、ついじのくずれから菜畑などの見えたりしている高畑の裏の小径だのをさまよいながら、きのうから念頭を去らなくなった物語の女のうえを考えつづけていた。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)