一克いつこく)” の例文
昔気質一克な性分ではあるし、むろん一人娘と知吉との間を許す気はなかつた。ところが、ふしぎなことが起つた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)