“ひさし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
46.6%
45.6%
3.5%
庇廂0.5%
0.5%
0.5%
久濶0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
庇髪0.2%
久矣0.2%
久闊0.2%
屋簷0.2%
屋翼0.2%
庇下0.2%
0.2%
斜廡0.2%
眉庇0.2%
軒庇0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
犇々と上げくる秋の汐はのない屋根舟を木の葉のやうに軽くあふつて往来と同じ水準にまでげてゐる——彼はそこに腰をかけた。
わたしはそんなことをかんがえながら旧幕の世の空気がくらいのかげにただよっているような家作りを一軒々々のぞいてあるいた。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
安井息軒の『北潜日抄』明治戊辰六月二十九日の記に「保岡元吉衝心ヲ以テ没去ス。年来ノ旧識凋零殆ド尽ク。悵然タルモノコレヲウス。」
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それに間に合ふやう是非とも取り急いで茶室成就よ待合の庇廂繕へよ、夜半のむら時雨も一服やりながらで無うては面白く窓撲つ音を聞き難しとの贅沢いふて
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
明るく初夏の日ざしが、茂り合ったみどり草の網をして、淡く美しく、庭のもに照り渡り、らかな光線は浅いから部屋の中へも送って来ます。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
なくばやゝ離れた位置から遠くわが帽子ののあたりに看る方がおもしろい。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
また久濶ぶりに清らかな水は廃市に注ぎ入り、楽しい祭の前触が異様な道化の服装をして、喇叭を鳴らし拍子木を打ちつつ、明日の芝居の芸題を面白をかしく披露しながら町から町へと巡り歩く。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
若者はソフト帽のをおろしながら云つた。
パンアテナイア祭の夢 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
小径の片側には園内の地を借りて二階建の俗悪な料理屋がある。その生垣につづいて、傾きかかった門のには其文字も半不明となった南畝の匾額って来りう者の歩みを引き留める。
百花園 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「八日。陰。午後吉田へ会合。主人、貞白及小島金八郎並に同伴、讚岐金刀比羅宮参詣。夜四時過乗船、夜半出船。尤同日安石より御届取計。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「二十四日。(一月。)晴。於小田県公債証書買上代御渡相成に付、受取に出頭可致之処、差合に付為名代尚差出、金百二十五円、二分引に而金百円受取候事。」(節録。)名代「」はにも見えた飯田安石の子である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
白っぽい竪縞の銘仙の羽織、紫紺のカシミヤの袴、足駄を穿いた娘が曾て此梅の下に立って、一輪の花を摘んで黒い庇髪に插した。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
庇髪ってリボンをかけて着物をえた所は、争われぬ都の娘であったが、それでも平生は平気に村の娘同様の仕事をして、路の悪い時は肥車後押しもし
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
こそは名高印度洋大海賊船なり、新造軍艦はんとて此處つこと久矣白旗てゝ軍艦引渡さば躊躇するにては、に七堅艦あり
さうしてこの一ぎのあとから、また久闊ぶりに清らかな水は廢市に注ぎ入り、樂しい祭の前觸が、異樣な道化の服裝をして、喇叭を鳴らし拍子木を打ちつゝ
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
瀧の背景になつてゐる岩壁も上半部が三段ばかりに横襀になつて見えるが、その最上部のものは恰も屋簷のやうに張出してゐて、その縁邊が鋸齒状をなしてゐるので鋸岩といふさうであるが
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
にいへるがごとく、雪んとするをり、雪にぜられぬ屋上修造へ、(家の前の屋翼里言にらうかといふ、すなはち廊架なり)其外すべて居室る所はこれをふ。
桔梗屋の庇下左寄りの隅にも、天水桶と門柱との間に根元を押し込んで、中ほどを紐で横に結えて、高さ一丈ばかりの青竹が立っているのは、これは少しも異とするにたらないが、その竹の先に
折しも小春の空長閑く、斜廡れてさす日影の、払々と暖きに、黄金丸はをすべり出で、椽端端居して、独り鬱陶に打ちくれたるに。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
大きな眉庇の附いた黒褐色毛皮製の鳥打帽、黒の編上靴——全体として少し猫背の感じ
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
ことに身体動作の軽捷さは神業のごとくで、慶安四年三月二十五日、将軍家光の上覧試合に阿部道世入道と立合った時などは、跳躍するたびにその衣服の裾が軒庇を払ったと伝えられている
松林蝙也 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)