“庇下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひさし50.0%
ひさしさが50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“庇下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから、桔梗屋の庇下ひさし左寄りの隅にも、天水桶と門柱との間に根元を押し込んで、中ほどを紐で横に結えて、高さ一丈ばかりの青竹が立っているのは、これは少しも異とするにたらないが、その竹の先に、南瓜かぼちゃのように蒼黒くかじかんで載っかっている一個の物、それは笊ではなくて、斬口鮮かな——男の生首だった。
英臣は庇下ひさしさがりに、じろりとながめて、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)