“庇陰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かげ75.0%
おかげ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“庇陰”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
南無薬師瑠璃光如来なむやくしるりくわうによらい、お庇陰かげちまして両眼りやうがんともあきらかになりまして
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
たまたま景物出すものが、親御様への詫び言と、敬して遠のく工夫はしても、世渡る橋は掛けてもくれぬに、始めて知つた親の庇陰かげ、雨露にも打たれぬ内、親類へも行かうかと、いくたび思はぬではなけれど。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
で、其の御茶壺旅行の出来るようになったのは文明の庇陰おかげなのですから、今後はもう「きりをの草鞋」「紺の甲掛け」「三度笠」「桐油合羽」「振り分けにして行李を肩に」なんていう蛮カラ的の事は要せぬようになりまして、男子でも鏡、コスメチック
旅行の今昔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)