移民学園いみんがくえん
身は錦繍に包まれて、玉殿の奥深くといふ際にこそあらね。名宣らばさてはと、おほかたの人もうなづく、良人に侍り。朝夕爨が炊ぐ米、よしや一年を流し元に捨てたればとて、それ眼立つべき内証にもあらず。人は呼ばぬに来りて諂らひ、我は好まぬ夫人交際、それ …
作品に特徴的な語句
ゑにし 老爺ぢぢ 出立たつ 関係かかはり 冒頭まへおき 可愛いとし 嫉妬やく 財産しんしよ をり 夫人おくがた 容貌きりよう 小言つぶやき 泥濘ぬかり 無情すげな 狼狽うろたえ いらへ 主人やど あやぶ こころ 父母おや 美貌きりよう 良人おつと たか 可笑をかし 吩咐いひつけ 永久とこしえ やつ へば 背後しりへ おさ 錦繍にしき 音信おとづれ 風姿なりふり 世渡とせい 交際つきあひ かしづ 友人ともだち 可笑おかし 基因もと 夫人おくさま 帰宅かへ 強情すね 待遇もてな 忍耐しんぼう 書中なか 沈黙だま 治癒なほ 泥濘ぬか 清潔きよ 無益むだ 真実まこと 笑柄わらひもの 細君おくさん 脆弱ひよわ 良人つま 虚弱よわい へつ 譬喩たとへ 軽蔑けな はじ すす 麦酒びーる つか 人口ひとびと 人品ひとがら 使用つか 前刻さつき つと ひく 喫驚びつくり うづたか 塵芥ごみ 失策しくじり ひさし 戯談じようだん あら こぼ かし 独身ひとり いとぐち 繿縷つづれ 草臥くたびれ 行衛ゆくゑ 覊絆きづな ただ 鑒識めがね 不束ふつつか 乃公おれ 他家よそ ためし 其校そこ かぶ はこ 喚鈴よびりん うそぶ くちばし 囈言うわごと