“人口”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんこう90.9%
ひとびと9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夢心地をドンとたれたやうに、そも/\人口……戸數……なる、日本第二大都大木戸に、色香梅田く。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
例の「きり/″\すなくや霜夜のさむしろに」の歌が人口膾炙している通り、秋の虫の中ではコオロギが冬まで生延びることになっている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
きはよしや衣と食を、姦淫に仰げばとて、新平ならぬを栄とする、世の人口に何として、穢多ばかりかは、人口の心の汚れ、それこそは、実に穢多なりとさるべき。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)