“ひとびと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人々94.7%
人人1.6%
衆人1.1%
衆生0.5%
住民0.5%
人口0.5%
何人0.5%
男女0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でもこれがもしほんとうだったとすれば、のき人々がみな人々だったので、地蔵さんが盗人からってくれたのです。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
またいつとなく去りゆく人人
悲しき玩具 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
にして七十八歳のは、手引をもれざるなり。手引をも伴れざる七十八歳のの翁は、親不知の沖を越ゆべき船に乗りたるなり。衆人はその無法なるにけり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
般若の智慧を、親しくいて、一切は空なりということを、体得せられたればこそ、衆生のあらゆる苦悩を救うことができるのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
それは真理にい、衆生機根う、というところから、「契経」などとも訳されていますが、要するに聖人の説いたものが経です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
又一人、又一人、遂にはしきが全村に蔓延した。恐しい不安は、常でさへ巫女を信じ狐を信ずる住民の迷信をり立てた。御供水は酒屋の酒の様に需要が多くなつた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
今日は誰々が顔色が悪かつたと、其麽事のみが住民の心に徂徠してるのであらう。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
きはよしや衣と食を、姦淫に仰げばとて、新平ならぬを栄とする、世の人口に何として、穢多ばかりかは、人口の心の汚れ、それこそは、実に穢多なりとさるべき。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
まだのほこりにされぬ若者感覚は、何人にもないうそをいったり、あるいは、らず真実るか、また謙遜であって、信用するにりるか、どうかということを、わけ
心の芽 (新字新仮名) / 小川未明(著)
良人を失った中年の婦人、未亡人でもない癖に、そんな顔をしてやって来る厚かましい女達、上流社会の有閑紳士、奇を好む男女が、肉の取引、恋の市場に惹き付けられて
耳香水 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)