“みな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミナ
語句割合
32.3%
見做20.5%
見馴11.4%
御名6.6%
看做5.8%
3.6%
見慣3.2%
見傚2.8%
1.6%
0.9%
悉皆0.9%
聖名0.8%
身装0.6%
看慣0.5%
一同0.5%
0.5%
美奈0.5%
見倣0.5%
見爲0.5%
身投0.3%
0.3%
男女0.3%
0.3%
衆人0.3%
視做0.3%
身扮0.3%
美那0.2%
0.2%
名誉0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
全体0.2%
全體0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
御魚0.2%
0.2%
未納0.2%
水無0.2%
水馴0.2%
0.2%
爾名0.2%
皆無0.2%
0.2%
0.2%
身形0.2%
身無0.2%
身裝0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がそれをると、子安貝ではなくて古糞でありました。中納言はそれきりたず、氣病みもはつてんでしまひました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
ガス体の方則などはガスを均質な連続体と見做す時は至極簡単な意味のものであるが、これが沢山な分子の集合体であると見做せば
方則について (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
正三の眼には、いつも見馴れている日本地図が浮んだ。広袤はてしない太平洋のはてに、はじめ日本列島は小さな点々として映る。
壊滅の序曲 (新字新仮名) / 原民喜(著)
とにかく何とかしてデニー博士以下われらの生命を助けたまえと、ふだんは我慢づよい河合もに神の御名えたのだった。
火星探険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
もっとも夜中、時々歌を唄って歩く者に逢うが、これは飲み過ぎた徴候である。日本人はあまり酒をのまぬ民族と看做してよかろう。
いつでも勢力がぎッている天地だ。太陽がをかいてたためしはない。月も星も山も川もなんでも動いていないものはない。
ねじくり博士 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
異国の空の下でむだにあくせく働いたわけで、顎やいちめんの異様なが、子供のころから見慣れた顔をなんともぶざまにおおっていた。
判決 (新字新仮名) / フランツ・カフカ(著)
客観的態度の三叙述を通じて考えて見ますと、いずれも非我の世界における(冒頭に説明したごとく我も非我と見傚す事ができますが)
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そうして後に続く言葉はとても変梃なもので、「君子固より窮す」とか「者ならん」の類だからの笑いを引起し店中に景気づいた。
孔乙己 (新字新仮名) / 魯迅(著)
孝孺篇後に書して曰く、予が文をりてより、て出して以て人に示さず。人の言を聞く者、予を訾笑して以て狂とし、詆詬す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なーる、にこやかでれてゐるなんぞは大黒天があります、それに深川福住町本宅悉皆米倉取囲てあり、米俵積揚るからですか。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
願はくは萬物うるはしき聖息に感謝するのはしきをおもひ、聖名聖能めたたへんことを 四—六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私の決心はぐらつきません。贖罪をして新しく生まれ変わったら、その身装りをお目にかけに行きます。……キャラコさん、私はあなたにひどい嘘をつきましたが、どうぞ、ゆるしてください。
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
刑事の眼は門前に光って看慣れぬものは一々誰何したから、誰もイイ気持がしないで尋ねるものが余りなかった。
最後の大杉 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
じて、つてつた一團水兵一同部室からんでた。いづれも鬼神がんばかりなるましきが、前面一列んで、しく敬禮した。
「電報だい! 電報だい! 本当に電報だよ。美奈さん。」男は抗議するように云った。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
三条七坊をすっかり占めた大屋敷を、一垣内——一字見倣して、横佩墻内と言う者が、著しく殖えて来たのである。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
人間はただそれを捕獲する機械に過ぎないかの樣に見爲してゐる樺太のことだから、番屋の親かた等がそこでの大名風を吹かせる勢ひには、とても對抗出來る筈のものではない。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
とひよつこり、ひよこり、ひよつこりと歩行す……案山子どもの出向くのが、へ、雪枝方角る。ふをして身投げにくのではいらしい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
娘は、けばけばしい色の新しい靴下を穿いて、それを使い古したリボンで結いて留めていましたが、娘はし児で暮しに困ったため、その晩はじめてそんな処に立ったのでした。
イワンとイワンの兄 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
筑波嶺にひとすぢかかる男女の川早やたえだえに君はありにし
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「イイエ決して気には留めません、何卒先生を御大切に、貴嬢御大事……」まで言うわず、急いで門を出て了った。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
りつきしまヽきてれず、姉樣ごとをたちて鎌倉なぞへおなさるぞ、れも一半月ならばけれど、お歸邸何時ともれずと衆人ひたり、どのしやるそれはにて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一時発作の病と視做し一時これを慰めて後に大に戒しむるは止むを得ざる処置なれども、其立腹の理非をも問わず唯恐れて順えとは、婦人は唯是れ男子の奴隷たるに過ぎず、感服す可らざるのみか
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
痛々しい粗末な身扮りが、かえって変態的に好奇心を煽って、お竹を益々美しいもの、輝やかしいもの、そして魅力的なものにしてしまったのかもわかりません。
おゝ/\……お美那可愛想ぢやアないか……見なよ……人品可愛らしい子供だが、生来からの乞食でもあるまいがの……あれまア親父負傷をしたといふので
るから……お美那其粉薬してんな……此薬にないだからな……血止めにはくし、ぐにるから、此薬るから此方へ足を出しな。
ここにその矢雉子の胸より通りてに射上げて、天の安の河の河原にまします天照らす大御神高木の神一五御所りき。この高木の神は、高御産巣日の神のなり。
天地初發の時、高天に成りませる神のは、御中主の神。次に高御産巣日の神。次に神産巣日の神。この三柱の神は、みな獨神に成りまして、を隱したまひき
デュアック ウスナの家の運命よりもなお恐るべきは、王の名誉の堕ちたことでございます。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
デュアック 彼等は刑罰を求めはしませぬ、ただ、王の名誉が汚されたと叫んでおります。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
然れども上古の時、言と意とにして、文を敷き句を構ふること、字にはすなはち難し。に訓に因りて述ぶれば、詞は心にらず。全く音を以ちて連ぬれば、事の趣更に長し。
予の梅花を見るに、文人趣味をび起さるるは既に述べし所の如し。然れどもに予を以て所謂文人とすことれ。予を以て詐偽師すは可なり。謀殺犯人と做すは可なり。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「その星は何処にある?」「どの様な性質だ?」「何事の前兆か?」等問い合わせが続々とヒマラヤ山頂の天文台へ全世界から集まって、係員はで電信の中に埋められる様なであった。
暗黒星 (新字新仮名) / シモン・ニューコム(著)
歌の句が断々に、混雑つて、るやうに耳の底に甦る。『の時——』と何やら思出される。それが余りに近い記憶なので、却つて全体まで思出されずに消えて了ふ。四辺は静かだ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
歌の句が片々に混雜つて、るやうに耳の底にる。『あの時——』と何やら思出される。それが餘りに近い記憶なので却つて全體まで思出されずに消えて了ふ。四邊は靜かだ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ん丁の平吉の息子は、ん丁の才六の娘してよる。」といつた風な話がはずんだ。
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
臨海林佑葉見泰、潜渓の詩にして、又宋太史の期望にいんことを孝孺に求む。孝孺は果して潜渓にかざりき。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
晝前のうちにらずらず支度はしてまするとて、首尾よく受合ひておりぬ。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
御食むかふ」は、御食に供える物の名に冠らせる詞で、此処の南淵山に冠らせたのは、蜷貝か、御魚かのミナの音にってであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
とかく世智にく、愚圖で融通の利かない彼は、忽ち同輩の侮蔑と嘲笑とを感じて肩身の狹いひけめを忍ばねばならぬことも所詮は致し方のないわがい身から出た錆であつた。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
いまを通じたばかりの女の首が、ドサリ、血を噴いて、畳を打った。播磨大掾水無井戸の一刀はもう腰へかえっている。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
見れば前髪の若者自身が、水馴を取って、頻りと止める船頭や客を尻目に、ぐいぐいと棹の水を切ってこなたの岸へ船を突き進めて来るのであった。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
取られて取られて、とうとう、のう、御主人へ持ってく、一樽のお代をにしました。処で、自棄じゃ、賽の目がに見えて、わいらの頭が五十ある、浜がぐるぐる廻るわ廻るわ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かれその聖歌の中にいふ、爾名を知る者は望みを汝におくべしと、また誰か我の如く信じてしかしてこれを知らざらんや 七三—七五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
真澄はもう一本の銚子皆無にしてしまって二本目の銚子を飲んでいたが、なるたけ長く楽しみたいので、一度いだは五口にも六口にもそれをめるようにして飲んだ。
岐阜提灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
主謀者とされた者等て十六人が、藩船に乗せられて折柄暮れようとする海へ去るのを見送って
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
投出したるに彌助は再び驚き彌々盜賊に相違なしれは何でも何所ぞの家尻を切て盜みし金ならん身形りをして大金を持て居るは愈々推量の通りならんな奴にひを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なお此処に、「富人子等の着る身無し棄つらむ絹綿らはも」(巻五・九〇〇)、「麁妙布衣をだに着せに斯くや歎かむむすべを無み」(同・九〇一)という歌もあるが
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
服裝も相當なもので、少くもちゃんと身についた身裝りをしている。