“悉:みな” の例文
“悉:みな”を含む作品の著者(上位)作品数
嘉村礒多1
“悉:みな”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかしそれも束の間、場慣れぬせゐも手傳ふとは言へ、とかく世智にうとく、愚圖で融通の利かない彼は、忽ち同輩の侮蔑と嘲笑とを感じて肩身の狹いひけめを忍ばねばならぬことも所詮は致し方のないみなわがつたない身から出た錆であつた。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)