壊滅の序曲かいめつのじょきょく
朝から粉雪が降っていた。その街に泊った旅人は何となしに粉雪の風情に誘われて、川の方へ歩いて行ってみた。本川橋は宿からすぐ近くにあった。本川橋という名も彼は久し振りに思い出したのである。むかし彼が中学生だった頃の記憶がまだそこに残っていそうだ …
作品に特徴的な語句
がな まば なつか つか おそろ まな あるい はず かか 広袤こうほう おのれ かけ ひろ 目眩めまい ゆだ 夜更よふか かたくな はず あわれ おぼ なつ かか つね のぞ ひろが つい たず ぬぐ おれ はま はぐく はさ うなず 退 釘抜くぎぬき ごう 長靴ちょうか ひら 陽光ひざし がお もた くれ じっ 黒煙こくえん ひしめ しか つる おわ はた かた ばこ すがた かたわら もら 自棄やけ 肝煎きもいり 肢体したい ふと 瘡蓋かさぶた うず 畢竟ひっきょう わき 田舎いなか すね 臆測おくそく おい 狼狽ろうばい のぞ 牛田うした かげ ふた 葛藤かっとう 荷拵にごしら ぼう 苦悶くもん 独楽こま つや べん 琉球りゅうきゅう 羽挙はばたき 玩具おもちゃ かじ たけ
題名が同じ作品
壊滅の序曲 (新字旧仮名)原民喜 (著)